新生涯ディストーション

略して“新生姜”。当たり障り無く音楽を聴きます。

凄メンバンドセレクション

 

久し振りのセレクションネタです。

 

 

今回は、「どういう経緯で組んだの?」「なんで知名度低いの?」と思ってしまうような豪華メンバー編成のバンド4つをご紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610154937j:plain

獄門島一家


長女・女王蜂アヴちゃん、その兄・長岡亮介、一家の父・中村達也、西園寺ことKenKenというクレイジークールな面々(肩書きは気にしないでね。西園寺とかね)。

 

父が達也さんな時点で最強の一家……。

肩書きは気にしないとか言いましたが、年齢がばらばらな故にできる家族設定。

もっと音源出してほしいな。Spotifyで聴けます。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155024j:plain

geek sleep sheep


モーサム百々さん、時雨345ちゃん、ラルクyukihiro先生というジャンルガン無視バンド。

しかし百々さんの声とみよこちゃんの声の相性に気づくともう止められなくなります。

何より、ユキヒロ先生がシューゲイザーオルタナなスリーピースバンドをやりたかったのかあとちょっと驚きでした。

アルバム「nightporter」、ガチ名盤なので全員聴いてほしいです。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155130j:plain

KA.F.KA


デルジベットのIssayさん、土屋昌巳さん、森岡賢さん、ウエノコウジさんと宮上元克さんという破壊的顔ぶれ。

フロントの見た目が魔界メンバーと、中身が怪物リズム隊。

ウエノさんの前はKenKenがベースをやっていたのですがそれでも怪物。

いろんな意味でモンスターなバンドです。

ただでさえ活動はささやかだったのに、モリケンさんがいない今、新しい活動はあるんだろうか。待っています。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155346j:plain

THE PREDATORS


山中さわおさん、GLAYのJIROさん、エルレの高橋宏貴さんによるスリーピースバンド。

ここはなかなかの知名度? だって旧ドラムもストレイテナーナカヤマシンペイ

最高だよ、その世代の邦ロッカー。

音楽性ではニルヴァーナを意識していたりラモーンズを意識していたりと、ロックキッズの憧れが詰まったバンドです。

 

 

 

ということで今回は、

隠れた豪華な顔ぶれのバンドをさらっとご紹介しました。

名の知れたバンドマンの在籍は、安心と信頼のバンドの証。

それもあるけど本籍のバンド以外でやる音楽はどんな方向性なのか、

いろいろ探してみると楽しいものです。