新生涯ディストーション

略して“新生姜”。当たり障り無く音楽を聴きます。

11月に買ったCD

 

さてさて、今月も、先月買ったCDについて書きたいと思います。

 

f:id:shino84mura:20181228031509j:plain

 

 

時の肋骨 / THE PINBALLS

 

 

やばいですよこれ。

 

とにかくすべてが丁寧に、格好良く丹念に作られたアルバム。

っていうのがひしひしとわかる。

気合が詰まりまくっています。

 

モノとしての仕上がりもすごく良くて、

初回限定盤を買ったのですがもう家でも買ったみたいな満足感です。

家買ったことないけど。

 

彼らの細かすぎて深すぎる音楽へのこだわりが、

アートワークに歌詞カードに溢れております。

 

本人達の周りも、彼らの音楽にことさら想いを注いでるんだろうなっていう、

環境の良さが伝わってくる、ような気がするのです。

 

 

特筆するのは以下2曲と、特典DVDを観てちょっと思ったことなど。

 

 

Track.3「DAWN」

 

短いイントロからもうこれ……無理……

 

切なカッコいい疾走感、

歌詞は全体的に何がとは言わないけれどずっと切なくて、

結局ハッピーエンドではないの……?

君と僕は国境を越えられたのかな……

 

っていう……。

 

曲もヒリヒリと切ないんですけど、

ギターのフレーズやコードがめっちゃ爽やかで格好良くて。

サビとかもうやばいです。死にそう。

 

短い曲なだけに、吹き抜ける切なさで息が止まりそう。

ラスサビ前のシャウトで泣きそう。

 

 

Track.5「BEAUTIFUL DAY」

 

古川さんの声とギターの音の良さがとにかく浮き彫りになって浮き彫りになりまくる良曲。

 

綺麗で優しくてカッコ良くて、

この曲が入ってるか入ってないかでアルバム全体の印象がめっちゃ変わると思うんですけど、とにかくすごい良いです。

 

これと、ヤンシュヴァイクマイエルもめっちゃめちゃ良い。

 

 

特典DVD

 

ツアーの裏側密着系映像です。

いろいろ感想とかいちいち細かく「ここが最高でな!!!!」と言いたい箇所があるんですけどまあそれは良しとして。

全体として、

 

古川貴之って、すごい、ヤバいくらい“良い奴”って感じがして。

舞台裏でもこんな、恥ずかしいセリフを堂々と言ってる人なのね。

他のメンバーはそんなにあからさまに熱血な発言は見えませんけど、

でも実は古川本人以上にその恥ずかしいセリフをどこまでも信じきっているように見えました。

 

このバンドが強く魅力的な理由がよくわかるわ。

とっても素敵なアルバムです。

 

今回もよいものを買いました……。