新生涯ディストーション

略して新生姜。好きな音楽の話をたらたらとしています。

演技は芋くらいが良い

 

今週もお疲れさまです。

 

9月も始まってしまった、

早いもんです。

 

今月は楽しみなリリースがたくさんあるので、

テンション上げていきたいと!

思っております。

 

 

今週聴いていたのはグリムスパンキーです。

 

f:id:shino84mura:20200904143633p:image

 

リリースからちょっと経ってしまったけど、

東京は燃えてる、聴いてます。

 

 

グリムは「火」とか「燃える」ってワードが多い?気がします。

 

火って、グリムっぽさもスパンキーっぽさもありますし!(笑)

 

で、満を辞して「東京は燃えてる」!

格好良いです。

 

 

亀ちゃんギターがどんどん手練れ職人って感じになっていってて素敵です。

ダンサブルでキャッチーポップ爽やかなリフも良いですが、

レトロ奇抜な柄シャツでレスポールを顔で弾いてるようなリフが個性としてよく似合うバンドだなと思います。

 

 

そして偶然(?)にも今週、

警視庁捜査一課長の最終回が放送されてました。

グリムスパンキーの「Singin' Now」が主題歌になってます。

 

捜査一課長といえばグリムスパンキー!という感じになって久しいですが(※個人の感想)、

今シーズンでもレミさん亀ちゃんがスペシャル出演!

 

見ている方もヒヤヒヤしてしまうほどのお芋の芋芋演技(レミさん自称)で、

お二方がさらに愛おしくなってしまう、

素敵な瞬間です。笑

今回セリフ長いし!

 

バンドマンの演技なんて、

見てて笑っちゃうくらいが良い、

ってか私は好きです(爆)

 

この主題歌もドラマを盛り上げるじんわり名曲で、

揺らがない渋スタンスが格好良いけど毎回新しいムードを醸してくるシングルが続いているので、

これまたアルバム楽しみです。

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

アコースティックで池

 

今週もお疲れさまです。

 

8月ももう終わり……

なんかなあ、とやるせなくもなってしまうけど、

今週もハッピーなイベントが発生してたので余裕でした。

 

 

エルレ配信

 

時間が微妙だったけれど、

運良く全編見れましたーー……感無量。

 

アコースティックだとは思ってなかったのでびっくりしました、

しかも屋外。

 

多くの皆さんと同様思い入れが深いバンドなので、

心が爆発してしまいました。

 

f:id:shino84mura:20200830111835j:image

 

1曲1曲始まるたびに、

声にならない叫びを上げてしまった……

 

高橋さんが虹で泣いてたけど超わかります、

細美さんすごいよね、良い曲だわ。

 

 

昔見たインタビューで細美さんが

クリスマスメロディーみたいな、

シンプルに良いメロディーの曲を作るバンドをやりたいと思ってた」

的な話を聞いたことがあるんですけど(多分エルビスの映像で見た)、

だからなのかアコースティックになると、

メロの良さとかコードの綺麗さによりジーーンとしてしまいました。

 

とりわけオータムソングのアコバージョン大好きです……

というかオータムソングが好きなんだな。

時期もぴったり過ぎて。涙で池作れる。

 

 

MCもずっと可笑しかったです、

特にバンド名の話とBB=の話

 

談笑の笑い声にまで嬉し涙を誘われる(笑)

変わったこともあれば、

変わらないこともあるっていうありきたりな言葉を、

素直に思い浮かべられます。

 

関係ないんですけど高橋さんのブログは9割声出して笑ってしまうので、

電車とか公共の場では読まないと決めています。

 

 

 

ピンボールズMV

 

www.youtube.com

 

ドレスアップ、

楽しみ過ぎてしゃーない……

 

このバンドのアコースティックの音源が手に入るって超嬉しいな、

単純にこれをリリースするに至った経緯に感謝したいです。

ありがとうございます関係各所の皆さま。

 

春風とかワンダーソングとか、

絶対沁みる曲はガッツリ期待しているし、

アダムの肋骨とかは「えっこれどうアレンジされるんだろ?」というワクワクが溢れて、

 

早く聴きたいな!!!!(強欲)

 

古川さんの持つ美しい言語世界については

しばしば方々で書き散らかしているんですが、

このセルフカバーアルバムに

『Dress up』

ってつけるこのバンドの優しさと紳士らしさと誠実さな!!!

改めて惚れ直しました!!(笑)

 

自分たちの曲をドレスアップさせ、

聴く人や流れる場をドレスアップさせ、

ってことだと思ってるんですけど、

自分が作った曲たちに新しい装いを考え繕ってあげて、めかし込んで世に出すっていうそのニュアンスが最高ーーーー……!!!

姿勢の美しさにときめく、

溢れたときめきで池作れる。

 

エルレもそうだったけど、

アレンジされた曲を聴くと

「うわあ〜〜こうなるんか〜〜」

っていう新しい出会いや発見や驚きで楽しく、

原曲も聴きたくなって聴き比べ始めるとさらに楽しく、

無限ループの幸せを体感できます。

 

 

 

ということで、

今週はアコースティックの音に嬉しく優しく癒されました。

有り難い。

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

神様について 〜夜を転がす編〜

 

今週もお疲れさまです。

 

今週末はフジロックを見る!という予定があったので、

なんだか1週間あっという間でした。

 

先週の記事で散々フジロックの話を書いたんですが、

やっぱり98年じゃなくて00年の映像でしたさーせん……(笑)

 

それと、

今週のMステでもミッシェルのドタキャン事件VTRも見られて、さらに嬉しかったです。

 

今までもこういう過去映像振り返り特集では放送してくれてるけど、

今回初出し情報もちょっとあって面白かったです。

 

 

 

そんなこともあり、

Mステの伝説回で演奏された2曲を改めて聴く週末だったので、

今週も、マイ神様ミッシェルについてダラダラ書きたいと!思います。

 

毎年そうだけど、

8月はなんだかミッシェルについて考えていることが多いな。

 

それはさておき。

 

f:id:shino84mura:20200822165926p:image

 

ミッシェル最後のミニアルバム、

サブリナノーヘヴン。

 

このアルバムは、前作サブリナヘヴンと実は同時期に作られていた!というミニアルバムで、

リリース時は「もうひとつの隠し球アルバム」とか言われていたようです。

 

たしかにサブリナヘヴンとノーヘヴン、

合わせて2枚組のアルバムにするって案も無くは無かったみたい?(ソースは忘れました)

でもチバ曰く「2枚組のアルバムとかってやっぱ全部聴かないし」的なことで別々のリリースになったようで。

 


このノーヘヴンは、曲数も少なくコンパクトなミニアルバムなんですが、

後期のダークさ、重さはしっかりありつつ、

この頃にしてはかなりポップさもあるというか。

 

ちょっとギヤブルの頃みたいなわかりやすいカッコ良さも出てると思うんです……

大人ギヤブルって感じかな……(異論絶賛受付中です)。

 

だからなのか、後期のアルバムでは一番好きかもしれません。ギヤブル大好き芸人だから?

 

サブリナヘヴンの方はもう話しかけても目も合わないみたいな、意識は違う場所に行ってしまってるみたいなガンギマリアルバムなので、

余計にそう思うのかも。

 

 

ただノーヘヴンも、

PINK(5曲目/6曲入り)くらいから、

やっぱり苦しく重めで終末感が溢れてきて耐えられません(笑)

もっと厳密に言うと水色の水(4曲目)の終盤くらいからかな。

 

ラストの夜が終わる(6曲目)なんて、

これで動揺せずにいられる人がいるのか!

ってくらいの茫漠な虚無を食らってしまいます。

これが最終アルバムの最終曲だなんて……

 

変ですけど、個人的にサブリナヘヴンの方に入ってるNIGHT IS OVERと夜が終わるの位置が逆だったら、

このバンドはどうなったかなあということをしばしば考えます。

最後の最後にこのピアノの音ではなくて、

せめてバンドの音だったなら。変ですけど。

 

 

まあそんな感じで、

コンパクトにタイトになってる辺りもサブリナヘヴンと対照的なノーヘヴン。

 

 


このノーヘヴンの2曲目に収められてるのがかのミッドナイトクラクションベイビーです。

 

Mステ事件で2曲目に演奏したあの曲なんですけど、

あんなことでもなかったらここまで多くの人に届けられることもなかったであろうアルバム曲ですね(※めっちゃ好きですよ)!

 

 

なんであの場で選曲されたんだろうとか深読みしてしまうけど、

単に尺と雰囲気とかそんなくらいですよねきっと……。

Mステ出演自体ノーヘヴンのプロモーションだろうし、

1曲目に予定通り演奏されたデッドマンズギャラクシーデイズと併せて、

結果ノーヘヴンの大きめプロモーションになってしまったという数奇な運命を辿ることになった1曲。

 

 

Mステでは尺の関係もありすごい速いですテンポが。

すごい速さです。

この曲は特にアベさんから始まるので鬼BPMです。

あの人に最初にアクセル踏ませると良い意味で危ない!!(喜)

そういうギタリストがいるバンド好きです、

涼しい顔してるけどあいつにアクセル踏ませるとあぶねー!!みたいな人です。

 

 


この曲の構成をすごく雑に説明すると、

イントロ、サビ、間奏、サビ、ギターソロ、サビ

っていう感じなんですけど(これでいいのか)、

なんて爽やかな曲なんだろうと思います。

 

先述のとおりサブリナヘヴン/ノーヘヴンは、

その存在の切なさゆえにいろいろウダウダした感想になってしまうけど、

この曲がノーヘヴンに入ってたことは本当に嬉しいというか何というか。

いろんな面でなんだか救いのような効能がある曲だなあと、思います。

 

 


あとすごい余談なんですけど、

時期的にミッシェルが解散に向かっていくにつれて、

ウエノさんが人当たりが良くなっていく(?)感じと、

反対にアベさんが人を寄せつけない空気を増してく感じが堪らなく大好きなんですよ……。

 

この時期のインタビュー見るともう。

切なくて切なくて(笑)

 

この時のMステなんてまさにそれで、

小料理屋のバイトの話でタモリさんとちょっと盛り上がるウエノと一切サングラス外さず言葉を発しないアベさん、

堪らなく切なくてカッコ良くて切ない!!!(笑)

 

 

 

ということで。

今週もクドクドめになってしまいましたが、

久し振りのメディア露出で嬉しかったです。

 

来週もがんばってまいりましょう。

 

神様について 〜真夏の豊洲編〜

 

今週もお疲れさまです。

 

個人的には今週、

大きめの朗報があり、

ひとまず安心していたら週末になっていました。

朗報の種類なんですが、

人生の車線変更に成功、みたいな感じです。

 

(↑今週ずっと良い例えを考えてて、

捻り出した渾身の人生の車線変更……)

 

 

 

さておき!

 

フジロックの配信ニュースが来ましたーーー!!!

 

 

今年は案の定フジロックも中止だけれど、

過去映像を3日間に渡って配信してくれるとのこと。

 

(去年のリアルタイム配信は、

運転免許を取りに行っていた頃なので、

教習所の待合室で見てました。笑)

 

今年も配信はしてくれるんだ!

 

 

サンキューフジロック!!!!

 

 

これで分かる人は分かってくれるかもしれないけど、

今週はマイ神様チバユウスケ及びミッシェルのフジロックの話を。

リハビリがてらツラツラ書いてゆきます。

 

 

 

ミッシェルは3度フジロックに出演しておりますが、

とりわけ私が大好きで、

かつ世のジャンキーの皆さんも欠かせないであろうライブが1998年のフジロック2日目のミッシェルでございます。

 

22年前……ヒエ。

 

 

f:id:shino84mura:20200816084446p:image

神の笑顔。

 

 

この年の会場はまだ苗場でなくて豊洲だったみたいですね。

ミッシェルは2日目、8月2日のグリーンステージに出演。

 

2年目のフジロック

1年目よりは場所から何から大きく変化、改善されてはいたらしいですが、

まだまだ「大丈夫かこれ??」っていう状態が過去映像から見てとれます。

 

1年目の山梨天神山はマジで凄まじかったらしいけど……実際に行ってた人はどうだったんかな……。

 

 

あっ今さらですが私はフジロック行ったことありません……(爆)

 

 

いろいろ言うわりには行ったことねえんかっていう(笑)

すいません。

 

 

しかし必ずや行きたいと人生の目標にしているフェスです。

 

なぜかといえばこの98年フジロックのミッシェルが人生なので。

 

もうミッシェルは出なくても会場が豊洲でなくても、

あのフジロックに行ってみたいな。

これと同じ理由で豊洲ベイサイドエリアにも行ってみたいです。これは完全に聖地巡礼か。

 

 

 

で、

98年のフジロックなんですけれど、

まだまだ運営に苦労していた頃で、

お客さんの安全確保がまあ難しかったみたいです。

日本のフェス黎明期。

 

ミッシェルの演奏中も2.3回の中断があり、

それゆえにこのライブが神がかったものになってしまっております。

 

1年目はもっとひどくてほぼ皆1曲目で中止、

みたいな感じだったそうですよ。

結局台風で中止になっちゃってるし。

 

 

中断とか1曲目で中止というのは、

機材トラブルとかアーティストがどうとかではなくて、

お客さんの人数、押し方がヤバすぎて安全を確保できないという理由です。

 

映像見ると面白いくらいなんですけど、

広範囲に渡って密度が高すぎて、

ライブというかインドの電車みたいになってます。

 

f:id:shino84mura:20200816084526p:image

画圧もすごい。

 

 

 

そんな中でのミッシェル、

観客の期待と話題性もあり人が詰めかけた結果、

中断中断で「絶対に死ぬなよ!」って感じに。

 

確かに死んでもおかしくない。

 

 

この時の2曲目、2回やってるG.W.Dが大っっっっっっっっ好きです。

 

来週の配信、全編やらないにしてもこの曲は絶対やってほしい(笑)お願いフジロック……

 

(※ずっと98年の話をしてますが配信では2000年の映像やるらしいです!!さーせん!!

ややこしくなりますがそのうちどっかで弁解しますさーせん!!)

 

 

 

1回目は途中でスタッフのストップが入り、

「一歩ずつ後ろに下がってください!

周りで倒れてる人がいたら助けてやってください」

のアナウンスが入り、

なんとか続行、

チバの「ロックンロールを1曲!」からの2回目のイントロのベースが始まるんですけど……

 

 

 

ビッグバンや……

宇宙が生まれとる……

 

 

この時のイントロのベースが、

暫定人生で1番好きなベースの音です。

 

 

 

f:id:shino84mura:20200816084615p:image

(ジャンキー間ではもはや有名人な運営さん)

 

 

 

中断中断にカチキレのアベさん、

飄々と楽しそうに振る舞うウエノ、

「すげえことになってる」みたいな感じでドラム位置から眺めてるキュウさん(暑そう)、

一瞬キレたりちょっと笑ったり名言量産してるチバ、

 

 

宇宙が生まれとる……

 

 

この映像を高校2年の夏(しかも偶然8月2日)に見て、

中断後2回目のG.W.Dで私は……私は……

人生が始まりました……(笑)

 

 

この時この映像を見なかったら、

ミッシェルにハマることなく、

他にもいろんな歪んだ声のロックバンドを知ることなく、

ライブハウスに入ることのない人生を送っていたのかも、

と、思います。

 

ありがたいものだ。

 

 

 

そもそもこの映像を見ることになったのは、また別のきっかけがあるので、

いつかそっちの話もツラツラ書きたいなと、

書けたら私が満足します。

 

 

 

そんな感じのミッシェルフジロック

公式の映像はネットには無いので、

来週の配信超楽しみです。

 

8月21日(金曜)夜20時〜、

順次配信のようです!

FUJI ROCK FESTIVAL '20|フジロックフェスティバル '20

 

 

 

絶対見ましょうね皆さん!!!!

 

(笑)

 

 

そういえばこの配信、

投げ銭できるらしいんですよ!

 

 

……

 

 

 

 

いくら用意しとけば良いんだ〜〜〜〜!!!!ハハハハ!!!!!

 

 

 

そんな感じで元気です。

なんか宣伝みたいになっててすいません!

フジロックの回し者ではありません。

 

来週も頑張って参りましょう、

ここまでお付き合いありがとうございます。

 

THIS IS パーソナリティー

 

今週もお疲れさまです。

 

今週はバタバタしてたら終わったなという感じです、

なんとかペースを取り戻しているようないないような……

 

 

今週聴いていたのはこちらです。

 

f:id:shino84mura:20200809183846p:image

 

ディスイズジャパンことTHIS IS JAPAN!

 

シングル出てからここのところずっと聴いてます。

とても好きなんだけれど、

何が好きなのかを言葉にしづらい……

私側の状態の問題なのか?

それともオルタナとかってこういうもんなんでしょうか?

 

 

そんな感じで手こずってましたが、

半ば強引な力技で書いています。

 

力技……???

 

音源を聴きMVを見、

インタビュー記事を読み、

メンバーのトークの配信を見、

挙句、ドラム・かわむらさんがディスジャパとは別でやってるユニットポップしなないでも比較用に聴きまくってちょっとハマるという、

手当たり次第、ローラー作戦でなんとかだんだん分かってきました……

 

 

「そんな専門外の科目のレポートをイヤイヤ書くみたいなやり方で何が楽しいんだ……?」

って感じですけど、

 

これが楽しいんすよねなんか……

 

いやホント、

自分が一番信じられねーですよね、自分のことを。

 

 

そんな話はこの辺にしといて、

好きだから聴き始めたのではなく、

ディスジャパの特別さを分かりたくて聴き始めたポップしなないでにはさすがに何か背徳感、

そして「私は何やってるんだろう」感を感じましたが、

 

そんな不純な動機で聴いたポしながすごい効いてびっくりしました。

 

ポしな、ほぼ全部の曲の歌詞をかわむらさんが書いててたまげた……

 

意外すぎて驚きました……

 

ディスジャパでも歌詞を書くことの多いかわむらさん、

どっかのケバブスみたいな小学生チックな歌詞とまではいかないんですけど、

爽やかでシンプルで適度に意味不明で適度に粗いワードセンスがディスジャパっぽさを構成してるなーと思ってたので、

 

ポしなの歌詞の、

過剰な詰め込み方と、意味不明さと意味深さ、

奇妙さと可愛さと厨二感、まさにポップなキャッチーさ……

 

が、あまりにディスジャパと違う印象でビビった……

二重人格かよ!と思いました。

 

あと心なしか見た目もポしなと全然変わって見えます……

なんでディスジャパのときだけクマが濃くて顔色悪い率が高いのだろうか?

 

 

ディスジャパのバンド像というか、

バンドをキャラクターとして見たときに、

各メンバーの構成成分の割合が

 

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎ボーカル(とギター)杉森

⬛︎⬛︎⬛︎ギターとボーカルこやびん

⬛︎ベース水元

⬛︎⬛︎ドラムかわむら

 

くらいに思ってたんですよ。

 

(※念のため、

これはバンドへの貢献度とか意見の反映率とかそんな細かい話ではなくて、

単純にどのメンバーのポテンシャルがバンドにわかりやすく表れてるっぽく見える、

というごくボンヤリした私の印象の話です。笑)

 

で、それがかわむらさんのクセ者感がわかった途端に

 

⬛︎⬛︎⬛︎杉森

⬛︎⬛︎小山

⬛︎水元

⬛︎⬛︎⬛︎⬛︎(全体像不明)かわむら

 

みたいな印象に変わりました。

 

 

 

……この図の説明いります?すいません。

 

そんな感じです。

 

何が言いたいかっていうと、

 

杉森の声小山ギターのカッティング、

ギターがでかくてメロがキャッチーなオルタナっぽさ上手く混ぜた邦ロックストレートな曲の構成と歌詞

がこのバンドの好きなところなのかなーー……とボンヤリ思ってたんですけど、

 

かわむら先生の歌詞が実は表面の印象よりもずっと器用にクレバーに組まれてたらしい

っていうところもかなり大部分を占めてたことに気づきました、

というような話です(一文で終わった)。

 

 

いやもちろん、

どんなミュージシャンでもそんな適当に歌詞書いてるわけじゃないことはよく分かってるつもりなんですけど、

ディスジャパは特に仕組まれてる感がなくて、

良い意味での素材を活かしたシンプルさ、

爽やか軽やか単純!っていう空気さえも狙ったのでなく必然的に自然に出てきたものだったのかなって思ってたので、

かわむらさんがそうじゃないアウトプットを狙いに狙ってポップにキャッチーにできる技術もこんなに高かったのか……

っていう……

 

 

 

 

久し振りに何言ってんのか自分でもわからなくなってきました……(照)

 

照れ……?

 

なのでもう締めます。

 

あとは水元さんが趣味の競馬でボロ勝ちしたらこのバンドはもう無敵になれると思う(嘘です)。

 

 

来週も頑張ってまいりましょう。

ありがとうございました。

 

今週の視界

 

今週もお疲れさまです。

 

もうマジで不甲斐なくて、

先週となんら変わりない状態です。

なんなんだろうこの。

どうしたらいいんだろうこの……

 

 

ということで、早い話が、

今週もざっっっくりと視界に入っていたもの、耳に入れていたものを羅列していこうと思います。

不甲斐ねえ。

なんとか取り戻したい。元から何か持ってたわけじゃないんですけど。(笑)

 

 

【今週の視界】

 

 

1.ジロッケン ディスジャパ回

f:id:shino84mura:20200729003618j:image

先週に引き続き、

ずっとぼんやりとディスジャパについて考えてます。

分かりたいんだ、彼らの今まで出したアルバムについてとこれからの行く先を……!(笑)

新曲のMVもカップリングも良すぎる!!!!

 

https://youtu.be/1HPOo7xC_qk

 

 

2.ブルエン バッドパラドックス

f:id:shino84mura:20200729003645j:image

普段そこまでたくさん聴かないんですけど、

この曲が異常なほど好きです。

あとこのMV!!

すごく好きな感じです。

いろいろ好きな要素があるけど楽器持ち替えはカッコ良いな〜。あと皆さん器用なんだな……

1年前なんですねこれ……

 

https://youtu.be/l9t0a5CiBBo

 

 

3.ジロッケン サリヴァンズファンクラブ回

f:id:shino84mura:20200729003658j:image

またジロッケン。

この番組超好きなんですけど地上波でやってくれないかな……

今年の春に初めて聴いたバンドなんですけど、

(その時の感想:正義をディグる - 新生涯ディストーション)

すごく良いバンドだな〜〜と思って聴いてます。

収録時はまだスリーピースだったんだ。

 

https://youtu.be/fKGoWRsVthM

 

 

4.モモウメ

f:id:shino84mura:20200729003730j:image

これだけ音楽じゃないんですけど、

最近よく見ています。

心に優しいです。

 

https://youtu.be/irLysp5wKO4

 

 

5.CRYAMY

f:id:shino84mura:20200729003853j:image

このバンドを知って以来、

気持ちが行き詰まるとクリーミーに縋ります。

すぐ縋ります。

 

https://youtu.be/dr4rkzsA-1A

 

 

 

わあーーーやっぱり、

本当に不甲斐ない内容。(笑)

もしももしもここまで読んでくださった方がいたらマジですいません。いやすみません。

せめて元に戻りたい。

 

 

来週もがんばってまいりましょう。

がんばります。

 

近い未来に期待

 

今週もお疲れさまです。

 

名盤語りが停滞していますが、

今週も私的な生活のなんやかやで、

ちょっと気合を入れてブログを書いている場合ではなかったので、

 

(~セルフツッコミと自己嫌悪の時間~)

 

……はい、だらだらとつらつらと、

思ったことを書いておきたいと思います。

 

 

こんなだったらもう更新しないのが一番道理にかなってるのはわかってるんですけど……

 

でも何も書かなかったら書かないで、

それはそれで頭と心の稼働具合を悪化させるので、

何かは書いておきたいのです……。

 

もう本当、はてなさんすいません(?)

 

 

7/25(土)の「SONGS」(NHK)を見た

 

岡村靖幸特集でした。

しかも

「”結婚”に関心のある岡村さんの妄想結婚式」

という面白企画で、

岡村靖幸の妄想結婚式を地上波で流すっていうことの突飛さから、

関係者だれも醒めずによく放送までいったもんだな、と笑いました。

 

しかも式シミュレーションにNHK小田切千アナを使ったり、

ユーミンから祝電が来たり、

それらにいちいちもっともらしい顔で「ありがとうございます」なんつったりする岡村ちゃんさん、

何を見せられてるのかよくわからなくて面白かった。

 

 

しまいには

「今後SONGSでるときは、子育て編、倦怠期を越えてさらに愛し合おう編、などなどSONGSでやっていけたらと思います」

などと仰せでさらに可笑しかったです。

SONGSのこと何だと思ってるんだ(笑)

 

 

 

ディスジャパはよアルバム出してほしい

 

ディスイズジャパンことTHIS IS JAPANなんですが、

新曲聴きました。

 

www.youtube.com

 

貼ったのは無観客ライブのライブ映像なんですが、

とり急ぎサブスクでシングル聴きました。

 

カッコ良いーーーんだけどマジでどこへ行くんだこのバンドは……!!!

マジで気が気じゃないです。

2月にシングル出してメジャーデビューしたとこだったんですけど、

当然だけどあからさまにいろいろ新しい方向へ歩き出してて

(メジャー行き発表直前のアルバムの聴きやすさの変化にビビった話をこのブログでも書いたことあるんですけど)、

 

曲の雰囲気がぐんと今までにない感じになっていてドキドキします。

どうなっていくんだろう。マジで超過渡期を目の当たりにしている感じ。

ただこれだけだとあまりに断言できることが少ないので、

早くアルバム出してほしいなって思ってます。

 

ポテンシャルや土台は十分だと思うので、

頼んだぞキューンミュージックさんマジで。(笑)

 

 

 

こんな感じです。

すいませんほんと。

いつまでどうなってるかはわからないんですけど、

落ち着いたらまた筆が走って渦巻きみたいになってるような

気持ちだけは熱い感じの記事を毎週書きたいな~と思っているので、

とにかくよろしくお願いします。

来週もがんばります。がんばってまいりましょう。