新生涯ディストーション

略して“新生姜”。当たり障り無く音楽を聴きます。

ドラえもん

ドラえもん / 星野源

 

Mステでも放送されてましたが「ドラえもん」MV公開されました。

Mステで観たときも思いましたが、ドラえもんに寄り添いすぎててびっくりした……(笑)


歌詞も音もドラえもん要素がこれでもかと満載、
しかも、大人も子どももほとんどの人が1回聴けば気づけるほどのわかりやすさで盛り込まれています。

 

星野源氏がドラえもん好きっていうのは結構知られていますが、ここまで寄り添ってくるとは。


まずタイトルが「ドラえもん」、
サビの最後の「どどどどどどどどどドラえもん」。

 

どどどどは正直びっくりしましたが、でっかい声で歌う子ども達の姿が目に浮かびます。

 

しかしもはやキャラソンの域。
昨今のアニソンって、声優・アニソンアーティスト以外のアニソンはこんなわかりやすい歌詞入れた主題歌作らなくなっていますよね。
アジカンのリライトくらいからこの風潮が確立されてきた気がするのですが、
カッコいい・お洒落な曲でファンがシングルを買いやすいし。
後から「これ○○の主題歌だったんか」って知ることもあるし。

 

それを覆してきたどどどどドラえもん……!
でもこれ絶対売れますよね。
何故かっていうと星野源だから。皮肉とかではなく純粋に良い意味で、星野源はもう国民的な存在になったからです。ドラえもんくらいの。

 

繰り返しますがほぼほぼキャラソンなこの曲。
大原めぐみさんが歌っても星野源ほどは売れないでしょう、それだと完全にキャラソンになるからドラえもんガチ勢の方だけが買うと思う(でもそれも聴いてみたいな、泣けそう)。

 

あともう1つ気になったのが、
「君が遺したもの 探し続けること 浮かぶ空想から また未来が生まれる」
という部分。


ここだけが、キャラソンには絶対に入り得ない部分
といっても憶測なんですが、ここは藤子・F・不二雄先生のことが描かれているのではないでしょうか(違ってたら恥ずかしい)。


「遺した」ものということで、藤子不二雄先生の遺産である「ドラえもん」に影響された人たちの手で新しく、未来をイメージした漫画とか発明が生まれるよ っていうことかな。


さらに冒頭の
「指先と机の間 二次元」
ここも、藤子不二雄先生が机の上で描いた「ドラえもん」ということだそうで(この部分は本人談)。


キャラソンには、作者についての内容はまず入らないでしょう。

 

(他の歌詞はだいたいドラえもんとのリンクがわかったけど、
 「背中越しの過去と 輝く未来と 赤い血の流れる 今へつなごう 僕ら繋ごう」
 がちょっとわかんなかったんですよね、映画観ればわかるんかな?)

 

ということで、ほぼほぼキャラソンドラえもんソングには
ドラえもん星野源藤子・F・不二雄が国民的存在であると再認識させられました。
っていうことを長々書くのも恥ずかしいほど単に良い曲だった……

 

2月28日シングル発売だそうです。

www.youtube.com

ふめつのこころ

ふめつのこころ / tofubeats

 

めちゃめちゃ素敵なMVが公開されております。

放映中のドラマ「電影少女」の主題歌だそうで、歌詞もほぼ完全にドラマのための内容かな。
見てなかったんですけれど!
サーセン…ちょっと後悔

 

ということでドラマの内容と関係ないことしか言えませんが、
ドラマ見てなくても良い曲、良いMVです。
ドラマ見てたらきっと最大限味わえるんだと思うのですが……。

 

見ていただくとわかるんですが、上下2画面が時々混ざり重なり合う構成。
そして時間軸が少しズレてて、上画面の男の人は下画面の女の子の部屋に勝手に入って踊る、それを映像に撮って、後で帰宅した女の子がそれを見ながら甘い物食べる、といったMVです。

 

めちゃくちゃ奇妙なんですけど、異常に癖になる音楽とMVのふたりの関係性。
ドラマのために作られた曲なのに、この映像のために作った曲みたいに思えてならないのです……!(まあドラマ見てないからそうなりますが)
そのくらい音と言葉に合ったMVになってます。


「ふめつのこころはLOVE・LOVE・LOVE」っていうフレーズの語感も良くて、意味が遅れてわかってくるのですが、
結局サビ全体、もはや曲全体を通してしつこいくらいに愛情しか歌ってません。

 

「アイはきっとふめつのこころ」
アイ(ドラマのヒロインのアイちゃん=):ふめつのこころ
「ふめつのこころはLOVE・LOVE・LOVE」
ふめつのこころ:LOVE(

 

という感じで、アイがふめつのこころ であると、語順と表現ちょっと変えただけで同じことを言っており。
サビ以外はドラマに沿った内容で、ひたすらすれ違う君への愛情について歌っており。
西野カナ氏とかに匹敵するレベルでしつこいくらい愛を歌うだけ。純愛ソング……
それがお洒落なビーツに乗っているので重くなくさらりと聴けると。

 

そしてMVも、不法侵入に大量の甘い物に、重いポイント盛りだくさんなのにさらりと終わる。
男の人の異常な愛情と、それを受け取ってるのかいないのか、すれ違う女の子。

流れてるのがこの曲でなければ、こんなにさらりと終わらないし、よくよく考えたときの関係の気味悪さが弱くなってしまう気がします。
すんごい曲とMVだなこれ。

 

2月16日から配信リリースされてるそうです。

www.youtube.com

“サイド”名曲セレクション

何かの側を表す「Side(サイド)」。
ふと、曲名に「~サイド」って入っている曲には、爽やかでカッコいい名曲が多いように感じたので探して選りすぐってみました。
優しく切なくあたたかく格好良い曲を中心に、10曲ご紹介。

 

YouTubeの公式動画で聴けるものと聴けないものがありますが、是非探して聴いてみてください。

(公式で見れるもののみリンク貼りました。)

 

アウトサイドやシーサイドとかはアリってことにしましたが、スーサイドは今回はナシで。

SideじゃなくてSuicideだしね。良い曲いろいろあるのですが。

 

『サニー・サイド・リバー』/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
キレキレのギターとチバの歪み声なのに、すごく穏やかで静けささえ感じる曲。

サビのコードが最高に切なくて格好良いです。

歌詞に出てくるあの娘との関係も優しい。


めちゃ余談なんですが私の地元も今住んでいるところもこんな感じのところです、川の向こうで煙が揺れるような。

 

『シーサイドスリーピング』/ASIAN KUNG-FU GENERATION
喜多さんがボーカルを取る貴重な曲。

爽やかで可愛らしい声があったかい、隠れた(?)名曲です。

歌詞も、表現がいちいち爽やかで優しい!

「人々が鈴なりになって笑う」とか。

お昼寝に聴きたい感じです。

 

『Sunny side up』/Brian the Sun
これまた爽やかで気持ちの良いメロディー。

「なんだかんだ今日も一緒に笑ってた」という、青春を表現するのに十分な爽やかフレーズ。

耳に残るサビも甘酸っぱくていい雰囲気です。

www.youtube.com

 

『サニーサイドメロディー』/EGO-WRAPPIN’
ゆったりとしたボーカルとゆらゆらしたギターが気持ち良い。

やわらかくあたたかで、聴くだけで幸せになれる名曲です。

ゆるい雰囲気と優しい歌詞に合った、不思議なPVも必見です。

www.youtube.com

 

『By Your Side』/FIVE NEW OLD
お洒落な音と歌声が甘く優しい。

最初ちょっと洋楽かと思ったほどに肩の力が抜けてて、良い感じです。

大人の幸せ、愛情が詰まったような優しい曲。

www.youtube.com

 

『You outside my window』/きのこ帝国
妖しく危うめな曲で、爽やかさは少し控えめ。

音はきらきらで、エフェクトの効いたギターソロが心地良いですが、タイトルは「あなたは蚊帳の外」的なことらしいです。

歌詞の「阿呆くせえ」が抜群で、聴きどころ満載な曲。

選曲するか迷いましたが試しに入れてみました。

 

『Time Is On My Side』/The Rolling Stones
言わずもがなストーンズ。ブルージーで味わい深い名曲です。
オリジナルはKai Chresten Windingのインスト曲で、ストーンズはカバーなのですが。
「まーいいさ、時間はめっちゃあるし(君は俺と別れたいみたいだけど、どうせまた俺のとこ戻ってくるよ~)」

っていう曲らしいんですけど、大人の余裕なのか嫌な男なのか!(笑)

でもメロディーはゆったり優しくて不朽の格好良さ。

www.youtube.com

 

『Seaside』/The Kooks
甘いボーカルがとっても綺麗な曲。

切なくほろ苦いメロディーが癖になり、何回でも聴きたくなります。

リピート不回避(単に曲が短いのもあるけど)。

 

『プールサイド』/ART-SCHOOL
エモく切なく優しいメロディー。

全体的に張り詰めた音と、感情溢れるサビの展開が格好良いです。

水の中のような揺らめくメロディーも、ヒリヒリする鋭い歌詞もとても綺麗。

 

『SEASIDE CHAIR』/10-FEET
爽やかで優しい、気持ち良い曲です。

あたたかく素直なメロディーですが歌詞は人生の終わりを歌っていて、泣けます。

これぞメロコアって感じの曲。

 

10曲も書くと、語彙の乏しさが露見して途中からしんどくなってきましたが駆け抜けました。他にもあったら教えてください。
素敵な音楽はいつも、私たちのそばに!
(良い感じにまとめようとしてみた)

愚か者たち

愚か者たち / GLIMSPANKY

 

ついに来ました!満を持して「愚か者たち」です。

映画「不能犯」の主題歌になってます。YouTubeでフルPVが見れるようになっております。

 

本当にタイアップ外さないな!

やりたい音楽をやってるようでしかもまだまだ若いのに、毎回タイアップもバシッと決めてきますね。

バッキングの間に聞こえるリードギターの音が格好良いです。

 

「生きにくい今日を 生きるすべての

 漂流者たちで 騒がしい夜」

 

作詞作曲・ボーカルのレミさんは涼しい顔で革命的な歌詞をどんどん書いてくる人ですね。

曲も歌詞もセンスがギラギラしてます。

 

確実に日本の音楽に火をつけて焼け野原に出来うる、気高い存在だと思います。

 

先月末にシングルリリース済みです。

5月には武道館公演!

www.youtube.com

さよならエレジー

さよならエレジー / 菅田将暉

 

さきほど、リアルタイムで「トドメの接吻(キス)」を見てみました。

 

初めて見ました(乗り遅れて6話から…)が、なんともいえない空気感……

山崎賢人さん演じるキャラクターのせいか、絶妙に感情移入出来ませんでした……不幸すぎやん……

門脇麦さんは上手なのかな、可愛いのにかなり陰湿キャラになっててリアルだった

 

ってか、なんとなしに6話だけ見た人がいろいろ言えることじゃないけど!サーセン!!

 

で!本題に入ります!(笑)

主題歌がすげー良かった!

菅田将暉氏……やっぱりすごいわ……

そして作詞・作曲の石崎ひゅーい氏との相性がとても良い……

 

繰り返しますが、突然6話だけサラッと見た感じ、

すごい不幸なやるせない理不尽なドラマ っていう印象を受けまして……

でもこの主題歌によって、不幸や孤独感が美しくなってる気がする!

声も曲もドラマに合っているし何というか、

めちゃめちゃ醸せてる……

 

結局どんな展開で終わるドラマなのかわかりませんが、

不幸をドラマに仕立てる良い主題歌だと思いました。

 

2月21日シングルリリースだそうです。

菅田将暉 『さよならエレジー』 - YouTube

ミッドナイト・クローラー

ミッドナイト・クローラー / a flood of circle

 

ニゾン田淵氏プロデュースの新曲。
かなりカッコいいです。

 

正直ユニゾンそんなに好みの音楽ではなかったのですが(失礼)、田淵さんのプロデュース力……!!


ナタリーのインタビュー(見出しがいちいち面白すぎる)も読んで、なんだか意外な感じでした。
こんな理論派な人だったんですね。

 

考えたこともなかったのですが、ユニゾンとフラッドって相性良かったんだなあ。
ニゾン要素もフラッド要素も自然に両方聴こえてきます。
特にギターは、いつもの曲に増して聴き応えがあってカッコいい!
2番のトーキング部分も佐々木節が好調。

 

2月21日発売のニューアルバムに収録です。

www.youtube.com

Ginger Shaker

Ginger Shaker /

浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS

 

2月14日に出るアルバム「Sugar」から「Ginger Shaker」ショートMVを見てみました。

 

渋いバラードで、魅力がギラギラしています。
ギラギラっていうか「ぎらり」って感じです。
サビがほんとにカッコいい。
「強くなくちゃ 生きていけぬ」、カッコいい!

 

渋いのに甘い、のに危なげで攻撃的でもあるのがベンジーのつくる音楽のように思います。
年齢を重ねて出てきた良さもあるけど、いつまでも少年みたいな空気も纏ってる。

 

2月3日にNHKで放送されたUta-Tubeも見て、めちゃくちゃ感動しました、格好良くて!
数々バンドを経てきたベンジーですが、今のINTERCHANGE KILLSも特別な良さを感じます。
そして地元とか食レポとかもとっても最高でした。笑っちゃいました。

 

今年の2月14日は本当に、期待のアルバムばかりが大量放出されるようです!

www.youtube.com