新生涯ディストーション

略して“新生姜”。当たり障り無く音楽を聴きます。

5月に買ったCD

 

そろそろ今月も、先月買ったCDについて書きます。

 

 

5月に買ったのはこちらの1枚。

 

f:id:shino84mura:20180610155744j:plain

 

ALL OF US / GLIM SPANKY

 

 

3曲入りのシングルなのですが、

なんと3曲全部タイアップがついている。

恐ろしい勢い。

 

 

それぞれ違う景色を綺麗に歌っているのですが、

3曲とも音作りは統一感が強いように感じられて、

今回はわりとまとまったシングルという印象。

全部ミディアムテンポだし。

 

 

特筆するのは特典DVDのドキュメンタリー映像。

 

台湾でのライブに密着したドキュメンタリーになってます。台湾かーーー。

 

勢いも熱さも可愛らしさも溢れています。

 

映像作品としてめちゃめちゃ仕上がっているので、

彼らの音楽だけでなくアートワークとかが気になっている方はぜひ見てほしい。

 

 

かめちゃんとレミさんの関係とか、

バンドやスタッフの風通しとかがすごくよくわかるしとにかく可愛くて格好良いです。

良いなー。

 

 

ライブ映像は少なめなので、購入考えられている方はご参考に…。

普通に30分くらいのドキュメンタリーです。

 

今回も良いものを買いました。

凄メンバンドセレクション

 

久し振りのセレクションネタです。

 

 

今回は、「どういう経緯で組んだの?」「なんで知名度低いの?」と思ってしまうような豪華メンバー編成のバンド4つをご紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610154937j:plain

獄門島一家


長女・女王蜂アヴちゃん、その兄・長岡亮介、一家の父・中村達也、西園寺ことKenKenというクレイジークールな面々(肩書きは気にしないでね。西園寺とかね)。

 

父が達也さんな時点で最強の一家……。

肩書きは気にしないとか言いましたが、年齢がばらばらな故にできる家族設定。

もっと音源出してほしいな。Spotifyで聴けます。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155024j:plain

geek sleep sheep


モーサム百々さん、時雨345ちゃん、ラルクyukihiro先生というジャンルガン無視バンド。

しかし百々さんの声とみよこちゃんの声の相性に気づくともう止められなくなります。

何より、ユキヒロ先生がシューゲイザーオルタナなスリーピースバンドをやりたかったのかあとちょっと驚きでした。

アルバム「nightporter」、ガチ名盤なので全員聴いてほしいです。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155130j:plain

KA.F.KA


デルジベットのIssayさん、土屋昌巳さん、森岡賢さん、ウエノコウジさんと宮上元克さんという破壊的顔ぶれ。

フロントの見た目が魔界メンバーと、中身が怪物リズム隊。

ウエノさんの前はKenKenがベースをやっていたのですがそれでも怪物。

いろんな意味でモンスターなバンドです。

ただでさえ活動はささやかだったのに、モリケンさんがいない今、新しい活動はあるんだろうか。待っています。

 

 

 

f:id:shino84mura:20180610155346j:plain

THE PREDATORS


山中さわおさん、GLAYのJIROさん、エルレの高橋宏貴さんによるスリーピースバンド。

ここはなかなかの知名度? だって旧ドラムもストレイテナーナカヤマシンペイ

最高だよ、その世代の邦ロッカー。

音楽性ではニルヴァーナを意識していたりラモーンズを意識していたりと、ロックキッズの憧れが詰まったバンドです。

 

 

 

ということで今回は、

隠れた豪華な顔ぶれのバンドをさらっとご紹介しました。

名の知れたバンドマンの在籍は、安心と信頼のバンドの証。

それもあるけど本籍のバンド以外でやる音楽はどんな方向性なのか、

いろいろ探してみると楽しいものです。

僕のリリー

 

僕のリリー / リーガルリリ

 

 

新曲なのですが、リッケンバッカーに継ぐ新たな名曲が生まれた感で鳥肌たちました。

 

 

本当に良い声なんだけど、

この曲は楽器の音が一層良く感じられて何回も聴いてしまいます。無限ループ。

 

 

サビなんかもう完璧……

 

 

酒気帯びで地球をベッドにしたい。」

 

言葉が声に合いすぎていて何事かと思いました……。

歌詞のセンスも半端なく尖ってます。

 

 

とても心地いいんだけど、

圧される迫力もあるし強さにじわじわやられます。

才能が光りすぎて、将来性の大洪水

 

 

6月6日にミニアルバムがリリースされてます。

www.youtube.com

ビューティフルライフ

 

ビューティフルライフ / Amelie

 

 

最近知ったばかりのAmelie。

 

 

イントロがめっちゃ好きな感じでした。

 

そしてこのバンドのギターが本当に良い仕事をしている……。

 

良いメロディーを絶妙な入れ方でバンバン組み込んでくるので、

ギターだけ聴いてても楽しめちゃう曲で、コピーしても楽しそう。

 

 

ボーカルmickの声も今回は明るく柔く、幅が広くて感心してしまいます。

 

素直で真っ直ぐ、秘められた熱さが素敵なバンドのようです。

ポップでキャッチーだけど、ちょっと体育会系っぽい。

 

 

薄々思ってたけどボーカルの人、めっちゃ大学の知り合いに似てる……

 

 

5月30日にアルバムがリリースされています。

www.youtube.com

ラヴソング

 

ラヴソング / SUPER BEAVER

 

 

新アルバム収録曲のMVが公開されております。

 

 

めちゃポップで爽やかで泣けます、

ウォークマンとコラボしたMVらしい。

 


明るくストレートなメロディーとじんわり熱い歌詞がこのバンドっぽい。

ボーカルの良さも全開であたたかカッコいい曲になってます。

 


ファンとか周りの人への気持ちがこんな真っ直ぐなものなら、

なんとも懐の広いバンドだなー。

 

 

ラヴソングと題して、恋愛じゃなく大きく愛について歌うのっていいよね。

ラヴってほんとは“愛”ですもんね。

 

 

 

…とかって打ち込むのさえもちょっと照れくさくないですか?

捻くれすぎ??

 

 

そんな感じで、ちょっとクサいくらい熱くて優しい想いが込められてます。

 

 

6月27日にアルバムがリリースされます。

www.youtube.com

約束

 

約束 / サイダーガール

 

 

次に来る正当派ギターロックバンドはこれだな、感。

じわじわとその名を広げつつあるサイダーガールです。

 

 

まずサイダーガールっていうバンド名が甘酸っぱセンスのカタマリ

 

新曲プールサイドが似合いすぎる曲です。まさに「青春」。

青春すぎて嫌悪感すら感じるほどに青春(※嫌いじゃないんですよ!)。

 

 

ロック好きな高校生は、夏が来る前に全員お聴きなさいね。

 

高校生以上の人は、聴いていろんな意味で爆発してください。

懐かしさでも良し、羨望感でも良し、トラウマでも良し。

 

昨今、空前の「青春」「高校生」ブームだし、タイアップまっしぐらな予感です。

 

 

6月20日にシングルがリリースされます。

www.youtube.com

たったさっきから3000年までの話

 

たったさっきから3000年までの話 / チャットモンチー

 

 

最後のアルバム収録曲のMVが公開されております。

 

 

Mステめちゃめちゃ良かったーあ……です。

 

 

本当に、躊躇無く変化し続けたようなバンドだと思っているのですが、

最後の最後まで変わり続けることがチャットのロックだったのかもしれないですね。

 

 

(おそらく)サビ部分の「ウォウ ウォウ」のところが最高に未来です。(語彙)


ここに未来への気持ちのすべてが詰まっていて、

ウォウウォウなのですべては明かされないのですが、そこから未来が溢れて溢れて。

そして最後にはチャットモンチーは未来に消えてしまう。

 

 

私たちはこんなにもチャットのいた過去とチャットのいる今にすがってるのに、

彼女らは未来をこんな風に手に取ってみてるんだ、

期待と緊張と幸せと不安を持って、西暦3000年を待ってるのでしょう。

 


1曲があっという間なんだけど、

4分がこんなに短いのなら3000年も多分きっとすぐに来ますね。

確信せざるをえない曲です。

 

 

6月6日に7インチアナログ盤でのシングルがリリースされております。
アルバムは6月27日にリリースです。

www.youtube.com