新生涯ディストーション

略して新生姜。好きな音楽の話をたらたらとしています。

2020不惑

 

今週もお疲れさまです。

 

新譜聴いております。

 

リリースまだかな〜〜って思ってたアルバムも、

なんやかやであっという間にもう聴けたり。

ということは今待ってるリリースもすぐ来るんだろうな……(笑)

 

今週聴いていたのはこちら。

 

f:id:shino84mura:20201025234843p:image

「2020」

 

フラッドのアルバム!!出ました……

 

こりゃすごい……

 

ギッシリ内容すぎて、

リリースから今日(日曜)までの期間では全然消化できていませんが(いつもだけど当社比)……

 

まーートレーラーと先行公開の時点でヤベーなってはわかっていたんですけど、

アルバムの流れで聴くと尚更、

撃ち込まれっぱなし感がすごかったです。

打ち込みじゃなくて、

衝撃をブチ込まれる感じのイメージです(笑)

 

1曲目2020 Bluesから3曲目ファルコン辺りまでいきなりエナジー!!!!って感じでもうスゴイんですけど!

 

とりあえず特に好きな曲の感想だけ書いておいて、

あとは年末辺りにもうちょっとなんとかした感想書くことにしようかな……(妥協)(現状からの逃げ)(すいません)

 

 

ということでリリースから5日間ほど聴いた時点で

「好きだこれ……!!!!」となった曲なんですが、

 

人工衛星のブルースWhisky Poolです。

 

 

人工衛星の方は、

頭から文句なしに裏切りなしに良い曲ってオーラがガンガンで、

見事に飲まれてしまいました。

 

なんだろう、こういう良い意味で捻りのない素直な印象の曲が好きなんかな……(笑)

 

特段派手な見せ場があるパートがなくて、

バンドのバラードとしてこれ以上ないくらい綺麗にまとまった曲というか……

綺麗にまとまってるっていうのが消極的な意味ではなくて、

綺麗ゆえに圧倒的に感動させられるほど曲の良さが強すぎるっていうイメージです。

大サビ前とかのコーラスはオートチューン?(違ったらすいません)なのが佐々木2020仕様のお洒落さとこのバンドの成熟度をキラッと足してる感じがします。

 

MVも可愛いし、

私はぬいぐるみ付きバージョンを買わなかったので、

このMV見たらそっちバージョンでも良かった……と少し落ち込みました……

 

落ち込んではいないので大丈夫です(笑)

 

佐々木先生が手掛けたMVなので、

彼の中のイメージが曲のキャパを超えてさらに見えてなんか嬉しく。

 

 

でウィスキープールの方は、

人工衛星から見ると全然違うタイプの曲で、

めちゃくちゃ新鮮に響きました。

 

インタビュー読んだりラジオ聴いたりしてたら、

この曲のアオキテツ効果の話を知ったんですが、

 

とにかくアオキテツ曲の要素が好きすぎるんだ多分……

(私が、っていう話です笑)

 

眩しいくらいの陽の強さと、

無邪気な笑顔のような可愛さを孕んだ

「常識ちゃんには止めらんない」、

フラッド的には新鮮な感じがする……

自分でもこの新鮮さを解明できてないんですが……

 

からの、

最後の転調転調!!(笑)

眩しい陽だけのナイトプールじゃ終わらせねえ、

優しさ割り増しです。

 

 

いやーーーー、

書きながら聴きながら思うんですけど、

マジですごい生き急いでるな!!?

今回に限ったことじゃないけど!(笑)

 

最近は特にそういうモードなのかな。

まさにビーストモードっつー感じで。

迷い無し!!!!

今はこれで決まり!!!!

って感じで。

 

2020ってタイトルだけど、

今年リリースされてる音源の中では異色なレベルでずっとハツラツとしてると思います(笑)

 

そういう意味でも、

活力になるし日々を彩ってくれるようなアルバムでございます。

全然書き切れなかったけど……。

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

茫漠と雑音

 

今週もお疲れさまです。

 

今週はやっとしっかり聴きました新譜!

 

マイジーザス、チバユウスケ降臨。

 

f:id:shino84mura:20201018185540p:image

「real light real darkness」

 

スネークオンザビーチとしてソロのアルバムが出ております。

 

去年のアルバムから随分短いスパンで次が出てびっくりしたけど。

 

 

すごく良いです……

 

いつもの感想みたいに「イェーーーイ!!!!」とか「最高!!!!」とか「無理!!!!🤦」とか言うアルバムではないんですが、

なのでとても感想を綴りづらいのですが、

このアルバムを知って聴くことができて良かったなと思っています。

 

 

いやなんか誤解が生まれそうな文言だな、

綺麗なメロディーや感情的な歌で浄化されるような音源ではなく、

というかむしろ真反対で、

言葉少なくノイズ溢れるアルバムです。

 

チバユウスケ

大好きで大好きで大好きだけど、

もともと好きになったのはこの人の声と曲と言葉で荒く強く形作られたチバユウスケ像、

みたいな部分からだった(と思う)んですけど、

だからそういうチバは今のスネークオンザビーチにはいないと思います。

それとは別の、この人が見える。

 

だけど、

これも大好きなんですよね。

 

シューゲイザーとかも好きだし、

先述のチバ像とは別といってもまあチバだし、

バンドの活動とはまっっったく違う路線というわけでもないので、

まー好きになるのも自分でわからなくもないんですけど、

 

ただ、大好きな大好きな大好きなチバ像とは違うチバの音楽を、

こんな風に別物として大好きだなと思える自分の感受性がとても不思議に思います。

 

 

 

 

えっ……

 

今日やばいな……

 

 

 

 

 

 

信じてもらえないと思いますが、

マジで精一杯伝わるように述べようという気持ちで書いています……

 

 

なんて歯切れの悪くモダモダした文章……

 

 

まあ仕方ないので()、

特に好きな部分についてちょこっと。

 

曲単位だと、

1曲目のSARAと4曲目の龍神が好き。

 

SARAの前半みたいな、潮騒に入ってた予兆みたいな、

チバソロの圧のある怖さが大好きです。

ホラー映画でもないし別に怖がらせようと思って作ってるわけじゃないと思うけど、

ただ淡々と苛立ちや苦しさや怒りや悲しさを、

情の部分を排してモノクロームに、

事実を述べるように写真に撮るように形にしていくと、

究極こういう怖さがぽつんと現れるのかなと。

 

後半は劇的すぎて飲まれる……

タイトルのような、光と闇が錯綜する感じで、

真っ黒な中にいきなり光が無数に差してきて砂嵐みたいな視界、

よく見えなくて、よく聞こえない感じで。

 

 

もうすいません。

 

すごく好きです。

 

龍神は、引き算っぽさがより強いように感じます。

音が鳴ってる瞬間より、

音が消えていく余韻の方に耳を持ってかれる……。

わずかに入ってる歌詞(歌声というよりもはや発声的な)が、

果ての見えない茫漠とした広がりの中に静かに線を引いてくようなイメージです。

一応4分半あるけど、

あっという間すぎて驚いた曲。

体感10秒くらいです(言い過ぎかな)。

 

 

ただBRENDA辺りも良い音録れてんなーーーーと思って溜息ついてしまいます。

アルバムの雰囲気としても、

この辺の曲、というか音があるかないかで全然変わってくるんだろうな。

 

 

ERASER HEADって曲もあるけど、

実はビビっててデヴィッドリンチ見たことがないので、

イレイザーヘッドも見たことないんですが(笑)、

やっぱそういうの好きなんだな。

あでもデヴィッドリンチのドキュメンタリー映画みたいなのは見たことあるな多分……

思ったより普通の人で安心した記憶があります。(笑)

 

 

去年の潮騒もそうだったけど、

こんな感じのチバソロのノイズ、

性に合ってるみたいで、今回も好きだなと思えました。

 

ただ、これを聴いて受けつけなかったからといって、

チバの他ワークスと相性が悪いということではないと思います、

そういうアルバムです(笑)

 

 

アルバムタイトル、

リアルライト、リアルダークネスということですが、

このアルバムだけじゃないけど、

宇宙とか、空気がなくて音がないようなところで鳴ってる音を、

空気があるところにそのまま持ってきたら鳴り始めた音楽、

って感じがします。

不純物ゼロで全くの闇、真っ黒な中から取り出して真っ白な光の中に置いたら、

闇でも光でもいられなくなって、

灰色って感じでもないけど、あいだの何かになっていく音、って感じかな。

 

ってイメージでしたが、

音楽と人」のインタビュー読んだらちょっと違うニュアンスの話をしてたけど、

近からず遠からずのイメージだと思うんだよな……。

 

 

 

 

 

 

 

いやもうホント、ハイ!!!!

すいません!!!!!

締めます!!!!!(笑)

 

ホントわけわかんないこと長々言っててすいませんでした!!(笑)

でもアルバム聴いてもらったら、

ちょっっっっっとはわかってもらえるかも……?かも……?

 

来週も頑張ってまいりましょう!

 

弟さんの映画

 

今週もお疲れさまです。

 

今週は待ってたアルバムがいくつかリリースされた!!

 

のですが、

 

なんかわからんけど時間がなくて聴いてられなかった……(?)(いつのまにか日曜)(時間の使い方下手)

 

 

そんなわけで情けなくも新譜をしっかり聴いておりませんので、

来週とか近いうちに感想を書きたいなと、

書きたいという気持ちは今もなおあります()

 

ただ今週は間に合わなかった(笑)(不甲斐ない)(なんでこんなことネットで発信してるのか)

 

 

 

じゃ今週はといいますと、

 

映画見に行ったのでそれについてちょこっと……

感想書いときたいと思います……

(時間ないくせに映画は見に行けたんかい)

 

 

見に行ったのはこちら↓

f:id:shino84mura:20201011183009j:image

元オアシス、リアム・ギャラガーの映画アズイットワズ!

 

県内ではやってなかったので隣県まで行ってきました。

 

オアシスにハマりだしたのはここ1年くらいなんですが、

まあハマるも何も今だってCMとかいろんなところで普通ーーに耳にする曲ばかりなので、

なんとなーーくぬるぬるっといつのまにかハマっていた気がします。

 

で、よく聴くようになってからドキュメンタリー映画スーパーソニック』を見ました。

これがなんかすごく面白くて!(笑)

 

メンバーや来歴についての詳細はほぼ知らなかったので、

バンド誕生からすごいデカいライブ(語彙力)をやるまでのいろいろをテンポ良く見られてとても面白かったです。

 

あと口悪い人たちだとは知ってたけど、

マジでこんなに口悪いんだ!!!と驚きました。

 

ドラッグ、サッカー、及びそれ関係の荒い兄弟喧嘩がてんこ盛りです。

 

ただこのスーパーソニックの方は、

すごいデカいライブをやるとこまでが描かれているので、

その後もいろいろやって、お兄さんが抜けて解散して、現在はどうしたのっていう話は触れてないのですよね。

 

 

で今週見たアズイットワズなんですけど。

 

これはオアシスが解散してから現在までの弟リアムさんについてのドキュメンタリーでして。

 

なので弟さんの映画と呼んでいます。

 

弟さんはオアシス解散したあとはいろいろ上手くいかず(割愛)ちょっとドン底!みたいな感じになってたようで(後追いなのでもちろんリアルタイムで知らないんですけど)、

そのドン底からいろいろ経て2017年くらいにソロで出したアルバムがめっちゃ売れてカムバック!っていうまでの時期のドキュメンタリーになってます。

 

 

すっごく面白かったーーーー!!!

です(激浅感想)。

 

 

前述のスーパーソニックが好きだったので、

それとは全然別モノだろうしどうかなぁと思ってたのですが、

全く違った形で面白かった!

 

弟さんのソロのアルバムも聴いたことはあったんですけど、

まあそんないろいろな中で作ったアルバムだったんか!!と驚きでした。

映画見たあと聴き直したら俄然楽しかった。

 

その2017年にソロで出したアルバムっていうのがこちら『AS YOU WERE』です。

 

f:id:shino84mura:20201011200243p:image

このアルバム1曲目、ソロで出した最初のシングル『Wall of Glass』、

イントロが大好きで超カッコイイ曲なんですけど、

映画でも良い存在感が出てて良かった!

 

しかしオアシスの曲についてはお兄さんから許可がおりなくて使えなかったとのことで、

オアシス時代の曲は使われてない映画です。

 

おい兄弟!!(笑)

 

まあそれは仕方ないとしても、

全盛期のハチャメチャ薬中リアムさんからは考えられないほど変わってて驚きました。

私は良い印象だったけど、

人によっては寂しい意味で「丸くなったなぁ」とか思う人もいるかも知れない感じの変わり方。

 

あとそもそもこんなドン底時期があったとは知らなかったので、

リアムの口から「求められてないと思った」って出てきたのもびっくりした……

世界のオアシスのボーカルだったのに……

 

だからか、ソロデビューがとても眩しくて必然的で地に足ついた印象になってるのかな。

 

そしてもちろんこの映画でも、

お兄さんへの複雑感情がまあ凄くて、

深読みというかいろいろ考えてしまう発言ばかりです。

 

再結成しろ!!とは言わんけど(したら嬉しいけど)、

どうか生きてるうちに和解してほしい……(笑)

 

 

っという感じで弟さんの言い分やら近況やらはよくわかったので、

お兄さんも早く映画撮ってもらえばいいんじゃないかな?と思いました!

 

まー無いだろうな……(笑)

 

 

映画の予告を置いておきます。

この予告もカッコ良く仕上がってるので、

気になった方は見て損はないはず!です!

おすすめしたい。

 

www.youtube.com

 

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

手に負えない奴ら

 

今週もお疲れさまです。

 

今週は実家から戻って1人ライフが再開したので、

アパートで息するように音楽を流しております。

 

ということで、

ここのところ少し溜めていたMVも一気見しました。

 

 

 

1.チバソロ

 

ソロアルバムが来週出るんですけど、

結構前からですが収録曲「スレンダー」のMVがちょっとだけ公開されてます。

 

www.youtube.com

 

ほんとにちょっっっとね!!(笑)

 

そして謎の箇所で切られている!(笑)

 

公式の概要欄のコメントなんですけど、

 

「チバ自らが白と黒の世界を行き交う案内人が如く佇まい、そして咆哮する、激しくも美しい“光”と“闇”の世界を鳴らした極上の映像美」

 

 

 

困惑……

 

すいません(笑)

 

あまりにもらしくなくて笑ってしまいました。

 

でも、我々のようにチバ、ミッシェル、バスデ等々をこういうブログとかでいろいろ評しようとしているのって、

客観的に見たらこのくらいおもしろ困惑状態になってるのかも……?

と思ったら、なんか反省しました(?)

 

 

まあそれはいいんですけど!!(笑)

 

短いけどかなり良さげなMVで、

アルバム超期待。

 

f:id:shino84mura:20201004125128p:image

 

なんかもうコンセプチュアルアートみたいな状況の画面!!

 

良いです。楽しみ。

 

 

2.グリムスパンキー

 

「By Myself Again」のMVが出ています。

 

もうすぐ出るアルバムに入ってる曲なんですが、

映画『実りゆく』の主題歌として、

映画とコラボしたMVになっていました。

 

www.youtube.com

 

映像はたぶん全部映画のシーンから抜粋されたものっぽいのですが、

にしてもこの曲のフルすんごい良くていやあーーーー……!!!(笑)

トレーラーでもちらっと聴けましたが、

サビ以外の部分こうなってたのかあ……

 

Aメロ良すぎていきなり泣いてます。

 

Aメロのメロディーの展開が好きすぎるやつでした。

カントリーなギターもストリングスも良くて切なく温かく……!

 

 

歌詞なんですけど、

レミさんが大人になった(情緒決壊)

 

「焦燥」「大人になったら」等々、

「大人になんかなりたくねーんだよ……」とフツフツとしてたグリムがついに

《わたしはもう大人で》って……

 

その1フレーズに込められた、

時間はずっと繋がってるのに昔の自分と今の自分が遠く思えるような悲しみと、

それでもただ事実として存在してる今の諦観とか妙な明るさとか、

なんかそんな感じの諸々が溢れて溢れてもう……

 

でもそれが悲しいな、っていう曲ではなくてですね、

 

《安心すれば鈍くなってくの どんな気持ちさえも

外に背を向けて 眠ってばっかだった

一秒ごと空は変わるのに

忘れてた高鳴りが 心をノックする》

 

昔の高鳴りが今も心を開いてるわけだわ……

甘んじて鈍くなって大人になってくことが怖かったけど、

大人になってみたら、

変わらず満ち足りない夜があったっていう。

満ち足りた日々を探す迷いや高鳴りがまだ残ってることを知れたんですよね。

 

で大人になったから、

全てを抱きしめ生きてゆくこともできるようになったと……。

 

泣いちゃうわそんなん……。

 

誰であってもずっと歳をとることを拒んではいられないので、

大人になるしかない以上、

こんな風に《わたしはもう大人だ》って言ってくれる人がいることが温かいな、

と思います。

 

 

3.フラッド

 

今月出るアルバムから、

2曲MVが出ています。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

ヤーーーーーーー!!!!!!

いやあーーーーーーーー!!!!!!

 

いろいろ言うのが野暮なほど、

なんかもう叫びとため息!!(笑)

 

新しいアルバム!!!早く!!!

ビーストモード好きすぎてなんかもうそれ入ってるだけで愛!!(3週ぶり2度目)

 

フラッドが歌う獣、総じてカッコ良いしこの人たちによく似合うのでどれも好きです。

 

この人たちにかかれば、

人間でさえも中身は動物、皮を被った何かじゃん?

ってことが鮮やかで野性的なロックにさらりと落とし込まれてしまいます。

落とし込んでる過程はさらりではないんだろうけど。笑

 

 

で、Rollers Anthemの方なんですけど。

 

泣きすぎてもうよくわからなくなった……

 

このアルバム、ちゃんと最後まで聴き抜くことができるのか早速不安です。

 

ド級アンセムばかり抱えるフラッドですが、

「アンセム」を名乗る曲がついに来たな〜〜と思います。

ケバブスがカクテルパーティーアンセム出したときはなんか嬉しかったけどそっちで出すんか〜いとも思ってしまった(笑)

 

あまりにいろいろ考えてしまい、

やっぱり考えることが野暮にも思えてしまい、

でもこの嬉しさを言葉に出来たらなと思うので、

 

もうちょっと時間経ってから書きます(笑)

 

ほんとに手に負えないアルバムっぽい……

あーーーー楽しみです!!(笑)

 

 

 

(気持ちが)重めのMVばかり3つ選んでしまったので、

いつもよりさらに掴み切れない状態のままザバザバ書いてしまいましたが、

とにかくアルバム早く聴きたいなと思っています。

 

来週も頑張ってまいりましょう。

 

職人仕立てのドレス

 

今週もお疲れさまです。

 

今週聴いていたのは、

 

f:id:shino84mura:20200927190425p:image

 

ピンボールズ!!

アコースティックセルフカバーのアルバム「Dress up」聴いております。

 

事前にトレーラーの感想を書き散らかしていたのですが、

(秋のトレーラー祭り - 新生涯ディストーション)

いざアルバムとして全編聴いてみると、

このバンドの楽曲のパワフルさと懐の深さを再発見できました……。

 

 

で、自分で意外だったのは、

今回のアコアレンジで特に好きだったのが

「毒蛇のロックンロール」、

「アダムの肋骨」、

「劇場支配人のテーマ」

次点で

「沈んだ塔」

とかその辺りの曲がめーーーーちゃめちゃ格好良くて、惚れ直してしまった!!

 

「セルフカバーでアコースティックのアルバム出します!」

って聞いたときは、

春風DUSKあなたが眠る惑星等々その辺の、

元々メロが綺麗でやわらかテンポの曲が絶対最高だろーなーーって思って期待してたのですが。

 

アコースティックでどんなんなるんだろ……ってちょっとイメージが湧きづらかった、

攻めダークなバトルモードの曲たちが素敵すぎてびっくりしました……

いやそら全部素敵だけれども……

 

特に毒蛇とアダムのイントロとか、

ストリングスが格好良すぎてびっくりした!!!!

 

アダムのイントロのリフの部分とか、

えっこのバイオリン中屋先生が弾いてね??!

ってくらいピンボールズのリフすぎて感動しました……(笑)

 

ごく個人的な話なんですけど、

私はデュマの三銃士がかなり好きでして、

何度もいろいろメディア化されてるので、

映画とか見比べたりするのが楽しいんですけど(そんでどんなバージョンでも大体面白い)、

特にこの毒蛇とアダムの2曲は三銃士感がめっちゃ強くて大好きですね。

また何かしらメディア化されるなら是非起用してほしいです。笑

 

あとは劇場支配人のピアノとかも合い過ぎててハチャメチャにお客を呼べるタイプのピアノ弾きでした。

 

そして沈んだ塔のドラムお洒落すぎ!!!

この曲元からお洒落すぎたからついにお洒落カンストしてました!!!!

 

 

……止まらないのでとりあえず、

どの曲もみんな素敵なドレス仕立ててもらったのね……!!!良かったねえ……!!!

と震えてしまいました(嬉しさで)。

 

みんなってまとめてしまったけど、

ほんとに11曲も……!凄い!!!(笑)

 

今回に限らず、

どんな音源・ライブに対しても手練れ職人みたいな人たちだな!と思います。

 

ブロードウェイも最高なんでまた別日に書きます!(笑)

 

来週も頑張ってまいりましょ!

 

親族目線のドレス

 

今週も、お疲れさまです。

 

今週聴いていたのはこちら。

f:id:shino84mura:20200920164815p:image

クライムグローのアルバム「CULTURE」!!

 

待ちに待ったーーーついに来ました。

リリース延期とかツアー中止とかいろいろあったけど……

だから尚更、新譜を聴けることに感慨深くなります。

 

メジャー行って最初のアルバムということですが、

いつも通り、

クールで泥臭く気怠げだけど熱量はバッチリというスタンス通常運転でした。

 

メンバー交替もあり、

いろいろ新しくなったアルバムなのでちょっとドキドキしておりましたが、

良い意味で新しい風も吹いてて感心してしまったり。

(あまりに若い人たちなのでなんか親族みたいな目線になる)

 

 

特に、速くて重めでドスの効いたオラオラ系の曲たちよりも、

ミドルテンポの曲のメロの良さとかリフの強さの進化が顕著で、

情緒が爆発してしまいました。

 

そう、

ギターリフの強さエッッッッグ!!!!!

 

っていう感想が一番大きいかもしれません。

卵ではありません。

どうしたらこんなリフ思いつくんだろう。

 

 

このアルバム、

個人的にリリース前の期待値が頂点に達したのが「MONT BLANC」のMVが公開されたときだったんですよね……。

 

この曲とか、

ラスト2曲の「窓」と「ドレスを着て」辺りのメロが綺麗な曲、

前からこういう曲はあったけど、

なんというか巧さみたいなものが格段に上がってて感動しました。

 

で、ひときわ「ドレスを着て」のリフエッッッッグ!!!!!っていう……。

 

どのパートもみんな凄いし若いし凄いけど、

ギター近藤和嗣のぶっ飛び方がすんごい気がするんですけど……

秒単位でグングン成長してるような印象を受けています。(親族?)

 

そういうわけで個人的には「ドレスを着て」のイントロのリフがこのアルバム最高の聴きどころだなと思います。

あとこの曲、

サビのコーラスがモロ新しい風でウワッッとなるのもポイントです。

チェンことベース立澤賢!

ありがとう、入ってくれて。

仁太が脱退したことでモヤモヤウジウジしていた私ですが、

時間はいろんなことを解決してくれます。

それは関係ないんですけど。

 

 

という感じで、

ぐんぐん駆けてく格好良さに嬉しくドキドキしつつ、

親戚の男の子の成長を見守るような気持ちで聴いています(※もちろん親族目線だけではないです)!

 

 

来週もがんばってまいりましょう。

 

秋のトレーラー祭り

 

今週もお疲れさまです。

 

最近用があり実家におりまして、

実家からもちょっと離れた場所に通っているのですが、

つまり何が言いたいかというと、

 

運転中しか音楽を聴いてない……

 

です。(笑)

 

高校までは全然そんなことはなかったのですが、

大学に入って一人暮らしを始めてから、

いろんな時間にほとんど無意識に音楽かけるようになったんですよね。

実家だと家族もいるし、

自室で音楽聴くにしてもイヤホン出して聴かねばならないので(そこ?笑)

実家に帰省中はほとんど音楽を自発的に聴かないようになりました。

 

で、通ってる離れたところっていうのが車移動で1時間ほどかかる場所なので、

朝晩の車内で気分のアルバムをかけるのがちょっと嬉しい時間です。

 

そんな感じなので、

今週のサブスクリリースはまだチェックしてません……

早く聴きたいものもいろいろ溜まってしまいました……(笑)

 

 

ここまで近況なんですが、

今月・来月にリリースされるお楽しみアルバムのトレーラーをちょこちょこ聴いているので、

その辺を置いておきたいと思います。

あまりに一気に押し寄せているので!(笑)

楽しみです。

 

 

9/16リリース

THE PINBALLS「Dress up」

f:id:shino84mura:20200911171647p:image

 

来週リリースだ〜〜!!

待ち望んでいます。

作業風景とか映像も入れてくれてて、

多幸感で深いため息をついてしまう。

 

セルフカバーのアルバムなので、

1曲1曲に対して「ウワッ!!!ウワッ!!!!」って感じでいちいち食らってしまいます……

 

トレーラーなのでスタスタ進んでってしまうんですが(笑)、

こちらは「ウワッ!!!」を言語化するのが間に合いません。

 

特に299...と春風辺りがウワーーーーとなってしまった、

299...はそもそもこの曲久し振りに聴いたので、その分のウワーーーーもありましたが、

古川さんのモードチェンジした歌い方で尚更ジワーーーと……!!

春風は絶対アコースティック良いよな!という大期待の1曲ですが、

思ってたよりぐんと壮大な感じになっている……!?

毒蛇、アダム、劇場支配人のアレンジも驚きましたが超良い……

 

アルバム本体はまだ聴いてないんですけどねーーーー!!(笑)

 

トレーラーってこうなりますよね。

 

↓トレーラー

https://youtu.be/qMPKJ4TE-Do

 

 

10/6リリース

GLIM SPANKY「Walking On Fire」

f:id:shino84mura:20200911171656p:image

 

先週もグリムスパンキーについてちょっと書きましたが、

その辺りのシングルもばっちり入って既に良さげな5枚目のアルバムです。

 

グリムスパンキーは結構最初の頃からリアルタイムで聴いているので、

アルバムごとにリリース当時の思い出があったり、

純粋にバンドの新しい境地に驚いたりしています。

この人たちに限ったことじゃないけど、

シングルカットされてなくてMVもないアルバム曲を、

こういうトレーラーでチラッと聴くときのドキドキが半端ないですね……。

そんで先週もちょこっとグリムと火の話を書いたんですがアルバムタイトルも良い……

 

Up To Meと若葉の時が楽しみすぎる。

この数秒でギャーーー……!!となってしまいました(笑)

終盤のアルバム曲畳み掛けてる!!

 

↓トレーラー

https://youtu.be/ugiJr1GkzLU

 

 

10/21リリース

a flood of circle「2020」

f:id:shino84mura:20200911171703p:image

 

楽しみにはしてたけど、

これはズルいよなーーーー、

 

トレーラーの映像がカッコ良すぎました……

ずる……(笑)

 

1曲1曲、映像との合わせ方が絶妙すぎて、

このトレーラー見ただけでも「良いもの見れたな……」という満足感と、

充実した内容(トレーラーなのに)ゆえの幸せな疲労感、

早くライブ映像も見たいぞというワクワクが溢れてしまいました。

大方のフラッドのアルバム、

1曲目は絶対カッコ良いし、最後の曲は絶対泣けてしまうので、

トレーラーでも特にそこを意識して聴いてしまうフシがあります。

 

てか既に披露済みのビーストモードとフリーフォールが好きすぎてなんかもうそれ入ってるだけで愛。

です。(笑)

あと人工衛星もヤバいな。

フラッドはリリースまでまだ1ヶ月ほどあるので……、

 

まだかなあああ〜〜〜〜。

 

(笑)

 

↓トレーラー

https://youtu.be/DXYBObgH0V4

 

 

ということで、各作品リリース超絶楽しみにしています。

 

来週も頑張ってまいりましょう。