新生涯ディストーション

略して新生姜。好きな音楽の話をたらたらとしています。

茫漠と雑音

 

今週もお疲れさまです。

 

今週はやっとしっかり聴きました新譜!

 

マイジーザス、チバユウスケ降臨。

 

f:id:shino84mura:20201018185540p:image

「real light real darkness」

 

スネークオンザビーチとしてソロのアルバムが出ております。

 

去年のアルバムから随分短いスパンで次が出てびっくりしたけど。

 

 

すごく良いです……

 

いつもの感想みたいに「イェーーーイ!!!!」とか「最高!!!!」とか「無理!!!!🤦」とか言うアルバムではないんですが、

なのでとても感想を綴りづらいのですが、

このアルバムを知って聴くことができて良かったなと思っています。

 

 

いやなんか誤解が生まれそうな文言だな、

綺麗なメロディーや感情的な歌で浄化されるような音源ではなく、

というかむしろ真反対で、

言葉少なくノイズ溢れるアルバムです。

 

チバユウスケ

大好きで大好きで大好きだけど、

もともと好きになったのはこの人の声と曲と言葉で荒く強く形作られたチバユウスケ像、

みたいな部分からだった(と思う)んですけど、

だからそういうチバは今のスネークオンザビーチにはいないと思います。

それとは別の、この人が見える。

 

だけど、

これも大好きなんですよね。

 

シューゲイザーとかも好きだし、

先述のチバ像とは別といってもまあチバだし、

バンドの活動とはまっっったく違う路線というわけでもないので、

まー好きになるのも自分でわからなくもないんですけど、

 

ただ、大好きな大好きな大好きなチバ像とは違うチバの音楽を、

こんな風に別物として大好きだなと思える自分の感受性がとても不思議に思います。

 

 

 

 

えっ……

 

今日やばいな……

 

 

 

 

 

 

信じてもらえないと思いますが、

マジで精一杯伝わるように述べようという気持ちで書いています……

 

 

なんて歯切れの悪くモダモダした文章……

 

 

まあ仕方ないので()、

特に好きな部分についてちょこっと。

 

曲単位だと、

1曲目のSARAと4曲目の龍神が好き。

 

SARAの前半みたいな、潮騒に入ってた予兆みたいな、

チバソロの圧のある怖さが大好きです。

ホラー映画でもないし別に怖がらせようと思って作ってるわけじゃないと思うけど、

ただ淡々と苛立ちや苦しさや怒りや悲しさを、

情の部分を排してモノクロームに、

事実を述べるように写真に撮るように形にしていくと、

究極こういう怖さがぽつんと現れるのかなと。

 

後半は劇的すぎて飲まれる……

タイトルのような、光と闇が錯綜する感じで、

真っ黒な中にいきなり光が無数に差してきて砂嵐みたいな視界、

よく見えなくて、よく聞こえない感じで。

 

 

もうすいません。

 

すごく好きです。

 

龍神は、引き算っぽさがより強いように感じます。

音が鳴ってる瞬間より、

音が消えていく余韻の方に耳を持ってかれる……。

わずかに入ってる歌詞(歌声というよりもはや発声的な)が、

果ての見えない茫漠とした広がりの中に静かに線を引いてくようなイメージです。

一応4分半あるけど、

あっという間すぎて驚いた曲。

体感10秒くらいです(言い過ぎかな)。

 

 

ただBRENDA辺りも良い音録れてんなーーーーと思って溜息ついてしまいます。

アルバムの雰囲気としても、

この辺の曲、というか音があるかないかで全然変わってくるんだろうな。

 

 

ERASER HEADって曲もあるけど、

実はビビっててデヴィッドリンチ見たことがないので、

イレイザーヘッドも見たことないんですが(笑)、

やっぱそういうの好きなんだな。

あでもデヴィッドリンチのドキュメンタリー映画みたいなのは見たことあるな多分……

思ったより普通の人で安心した記憶があります。(笑)

 

 

去年の潮騒もそうだったけど、

こんな感じのチバソロのノイズ、

性に合ってるみたいで、今回も好きだなと思えました。

 

ただ、これを聴いて受けつけなかったからといって、

チバの他ワークスと相性が悪いということではないと思います、

そういうアルバムです(笑)

 

 

アルバムタイトル、

リアルライト、リアルダークネスということですが、

このアルバムだけじゃないけど、

宇宙とか、空気がなくて音がないようなところで鳴ってる音を、

空気があるところにそのまま持ってきたら鳴り始めた音楽、

って感じがします。

不純物ゼロで全くの闇、真っ黒な中から取り出して真っ白な光の中に置いたら、

闇でも光でもいられなくなって、

灰色って感じでもないけど、あいだの何かになっていく音、って感じかな。

 

ってイメージでしたが、

音楽と人」のインタビュー読んだらちょっと違うニュアンスの話をしてたけど、

近からず遠からずのイメージだと思うんだよな……。

 

 

 

 

 

 

 

いやもうホント、ハイ!!!!

すいません!!!!!

締めます!!!!!(笑)

 

ホントわけわかんないこと長々言っててすいませんでした!!(笑)

でもアルバム聴いてもらったら、

ちょっっっっっとはわかってもらえるかも……?かも……?

 

来週も頑張ってまいりましょう!